(社) 岩手県建設業協会会員

三陸土建物語 history

初代社長の木下和次郎は鉄道工業㈱に勤務し、明治四十二年の山陰本線 余部(あまるべ)鉄橋の架橋工事を皮切りに、木更津本線、熊本の肥後線、宮崎の日南線 箱根鉄道、そして大正十年から二十有余年、岩手県の山田線・釜石線の建設に従事しておりました。

鉄道工業㈱倒産後、盛岡営業所に勤務していた人達が結束し昭和24年盛岡市中川原(現 盛岡駅前通)で新しい会社「三陸土建」を設立しました。当時日本は戦後の混乱期で荒廃しており、会社の設立メンバーの国土を復興しようとする意気込みは並大抵ではなかったと思われます。

社名「三陸」の由来については、宮城県北部、岩手県全般、青森県南部を施工エリアとしていたことから陸前・陸中・陸奥という地名を総称した「三陸」と言われています。 戦後の激動期の社会基盤整備の必要性とともに、施工業種を拡大し発展しました。現在は盛岡市みたけに本社を移し、公共土木工事全般の他、建築工事、民間工事、下水道管路更生工事等の幅広い分野に渡って社業を営んでおります。

ご挨拶

代表取締役会長 木下 紘

代表取締役会長木下 紘

「誠意・堅実・敏速」を社訓に、昭和24年の設立以来、地域社会の皆様と共に歩んでまいりました。
私共建設業は、社会的経済基盤と生産基盤を整備し、安心・安全・安定を保証することに誇りをもっております。
長年の実績と信用に加え、新たな技術の導入を行い、これからも誠意をもって邁進してまいります。

代表取締役社長 木下 伸一

代表取締役社長木下 伸一

私たちは昭和24年の設立以来「誠意、堅実、敏速」を信条に営業してまいりました。設立当初は、国土の発展が大きな目的でしたが、時代は変わり現在はインフラの維持管理が必要な時代になってきました。

どんなに時代が変わっても、引き受けた仕事の1件1件を堅実に誠意をもって行い、プロの目で判断し、相手の立場に立った施工をする姿勢を持ち、これからも社会に必要とされる会社であり続けたいと思っています。
私たちは「100年企業」を目指し地域に根差した企業として頑張っていきます。

沿革

昭和24年05月
木下和次郎他の技術者により、荒廃した国土の復興を目的として、「誠意 堅実 敏速」を社訓に盛岡市中河原(現盛岡駅前通り)に設立
資本金100万円 取締役社長 木下 和次郎
昭和36年09月
代表取締役に木下 忠雄 就任
昭和46年06月
代表取締役に木下 紘 就任
昭和47年11月
資本金400万円に増資
昭和50年10月
本社を盛岡駅前通15番13号より、盛岡市大館町20番30号に移転
昭和54年01月
資本金600万円に増資
昭和55年02月
資本金1,300万円に増資
昭和57年10月
特定建設業に許可換「土木工事」
昭和60年10月
資本金1,500万円に増資
昭和61年05月
一般建設業の業種追加「造園工事」
昭和63年09月
資本金2,000万円に増資
平成06年03月
資本金3,000万円に増資
平成08年07月
資本金3,500万円に増資
平成10年02月
資本金4,800万円に増資
平成11年08月
創立50周年 本社を盛岡市みたけ5丁目15番12号の新社屋に移転
平成17年02月
特定建設業に許可換 「とび・土工・コンクリート、鋼構造物、舗装、水道工事業」
平成17年03月
下水道管渠更生部門を開設
平成18年04月
特定建設業に許可換 「建築一式、大工、左官、石、屋根、タイル、鉄筋、板金、ガラス、塗装、防水、内装、絶縁、建具工事」
平成19年10月
特定建設業業種追加 「しゅんせつ工事」
平成27年01月
エコアクション21「いわて地球環境にやさしい事業所」☆☆☆☆認定
平成29年07月
代表取締役会長 木下 紘
代表取締役社長 木下 伸一
平成29年09月
特定建設業業種追加 「解体工事」